オーストラリア、グレートバリアリーフでがっつりダイビングクルーズするならSPIRIT OF FREEDOM号がおすすめ!実体験を書きます!

ダイバーなら誰もが一度は潜ってみたい、オーストラリアのグレートバリアリーフ!!世界最大のリーフとも言われていて、やっぱり憧れのダイビングポイントの一つじゃないですか?

東南アジアやパラオ等のダイビング人気の地域に比べると少し遠いですが、モルディブやメキシコなんかと比べれば日本からも近いし、時差も小さくて行きやすいダイビングスポットなのかなぁと個人的には思ってます。

ケアンズでリゾート気分も味わいながら、ちょこっとダイビング♪くらいならリゾート滞在がおすすめですが、とにかくGBRダイビングをがっつり楽しみたい!他の観光よりとにかくダイビング重視!という人にはやっぱりおすすめはダイビングクルーズです!そこで今回私が利用したSPIRIT OF FREEDOM号のおすすめポイントを紹介していきたいと思います!

l0gi51
画像参照:SPIRIT OF FREEDOM号公式サイト

オスプレイリーフまで潜れる日本人向けダイビングクルーズ!

SPIRIT OF FREEDOM号の一番のおすすめポイントはもうとにかくココです!オスプレイリーフまで行けるということ!この図を見てください!

gbr_map_all_small
画像参照:オーストラリア旅行JP

これがいわゆるグレートバリアリーフの概略図なわけですが、色んなリーフが連なってますよね!グレートバリアリーフでのダイビングは、ケアンズ滞在の場合はこの中でも主に南部のリーフを潜ることが多いです。クルーズの場合は北上した上でリボンリーフの周辺まで潜れる場合が多いです。

そして右上のちょこんと離れたところにオスプレイリーフというところがあるのが分かりますか?ここまで行ってくれるクルーズが、現時点で私の調べる限りSPIRIT OF FREEDOM号だけなわけです!勿論その分クルーズの必要日数が長くなったり、料金も高めにはなってきます。じゃあそこまでして行く価値があるのか?なんて思われるダイバーさんもいるかもですね。

オスプレイリーフってそこまでして行く価値があるの?

この答えは私にとって間違いなくYESです!!今回のクルーズでGBRのリボンリーフやその周辺ポイントも潜りましたが、全然違います!まず透明度がピカイチ、そして何よりオスプレイリーフの一番の見所はシャークフィーディング!!

P3168513

一回見たら絶対感動します!なのでがっつりダイビングしたい方で、ダイビングクルーズを考えてる方は、折角リボンリーフまで行くならオスプレイリーフまで行っとけーー!!っていうのが私の意見です。個別の旅行記記事も参照してください!

SPIRIT OF FREEDOM号はクルーズ船も豪華で食事も美味しい!

今まで色んなダイビングクルーズに参加してきましたが、基本ダイビングクルーズはダイビングがメイン!ですからお部屋は狭くて、バストイレも最低限のスペースしかなくて、下手するとこれがシャワー??と思ってしまうような設備だったりすることもありました。トイレやシャワーが共同のことも多いです。

でも、そんな中でSPIRIT OF FREEDOM号の設備は比較的整っています。お部屋は2段ベッドの部屋とダブルベッドの部屋がありますが、ダブルベッドの部屋は一応スイートルーム的な扱いですね!2段ベッドの部屋は2人部屋と4人部屋があります。一人参加の場合は基本は男女別の相部屋になります。

a66ty1

個人部屋はクルーズ船なので最低限のスペースしかありませんが、結構綺麗な方だと思いますよ〜!あと、各部屋についてるトイレ・シャワーもクルーズ船の設備としては今までの中でも一番くらいに良かったかも!!写真がなくてゴメンなさい。

共用スペースのくつろぎ場所や、ダイニングもこんなん!

v52gzd wvnbiv

どれもこれも、公式サイトからの写真でごめんなさい。今回あんまり船の写真がないのです(´-ω-`;)ゞ ここで夜はログ付けしたり、みんなでおしゃべりしたり。写真通り綺麗だし、ソファも座り心地がよくて本当に快適な船の旅でした。

そして何より、食事が豪華で美味しい!!!(*´▽`*)

ちょっと小洒落たレストラン並の盛り付け&お味だと思います(´▽`)

こんな感じで船もそこそこ良くて、しかも見所のオスプレイリーフまで制覇しているクルーズはSPIRIT OF FREEDOM以外にないと思います!

ただし、注意点もある

で、ここまでSPIRIT OF FREEDOMの絶賛なわけですが、いくつか注意点もあります。最後にそれも書いておきます。

日本人が比較的少ない

STWorldのDIVENAVIなど日本の旅行会社でもツアーが組まれていたりもするのですが、比較的日本人の利用者は少なめのようです。私が乗った時にも日本人は自分のグループ以外にはいませんでした(2015年の最近は増えてるようです)。

でもスタッフは日本人の方が1人いらっしゃったので、クルーズ船の中で困るということはないと思います。なので英語が苦手な方もご安心を!(´ω`*)

バディダイビングが基本になっている

日本ではインストラクターさん1人に、何人かのグループで潜るスタイルのダイビングが主流ですが、ここでの基本はバディダイビングです。なのでクルーズ料金、ツアー代金にガイド料は含まれません。ガイドをつけることは可能ですが別途料金がかかってきます。

私の場合は一緒に行った子と二人でバディダイビングしましたが、慣れない日本人はガイドをつける方が多いようです。

まとめ

というわけで、注意点もありますが、これも踏まえた上で、やっぱりGBRのダイビングを楽しむならオスプレイリーフも行くべき!ということで断然SPIRIT OF FREEDOM号がおすすめです!ちなみにオスプレイリーフのあるコーラルシーまで行ってもらうためには4日間のクルーズじゃなきゃダメ(日本からのツアーだとおそらく火曜出発のタイプ)です。3日間のクルーズもありますが、これはリボンリーフ止まりのクルーズなのでご注意を。

SPIRIT OF FREEDOM号に乗るならやっぱりDIVENAVIからのツアーが便利だと思いますが、旅慣れた方は航空券+クルーズ手配で、前後でケアンズで遊んでも良いと思います。今はJETSTAR等のLCCで成田-ケアンズが結構安く買えるので、スカイチケットなんかで探してみるとおもってたよりお安く航空券はゲット出来ると思いますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です