SPIRIT OF FREEDOM号の設備・アメニティについて

今回私が乗船したSPIRIT OF FREEDOM号の様子をレビューしておこうと思います。

前回の記事でSPIRIT OF FREEDOM号のおすすめポイントはまとめました。

参照:グレートバリアリーフのダイビングクルーズならSPIRIT OF FREEDOM号がおすすめ!

前回の記事と重複する内容もありますが、船の内装やアメニティ等、これから行く方の持ち物の参考になるようにまとめておきます。

船の設備-個室

船の設備は前回の記事でも書きましたがかなり豪華です!

各部屋にトイレ&シャワーがついていて、しかも結構ちゃんとしたのがついてます。というのはこれまで私が乗ったクルーズ船の中には、トイレの向かいにシャワーがついてるだけだったりして、えーここでシャワー浴びるの??と思うような設備もありました。トイレとの仕切りカーテンもないので、シャワー浴びたらトイレの周りもトイレットペーパーも全部水浸し、みたいな。笑

でもSPIRIT OF FREEDOM号は仕切りカーテンもあるし、シャワーのお湯もちゃんと出るしで結構良い感じの設備!(o・艸・o) 写真を撮ってきてなかったので写真は掲載できないのですが(´-ω-`;)ゞ

お部屋は最低限のスペースなので狭いのですが、ほとんど寝るだけの空間なので十分です。

船の設備-共用スペース

個室以外は共用スペースとなるわけですが、これもダイビングクルーズの中でもとっても豪華なんです!

ダイニングとくつろぎスペースもこんな感じ〜!

wvnbiv v52gzd

ここで夜はログ付けしたり、みんなでおしゃべりしたりしてます〜!

ソファもなかなか座り心地が良いので、私はよくダイビングの合間にここでお昼寝しちゃってました。笑 ちなみにこの共用のキッチンの横に共用のトイレもついてます〜!

日本人ゲストは少ないが、日本人ガイドはいます!

モルディブ等のように日本人向けにできてるクルーズではないのでゲストさんは日本人の方は少ないですが、ガイドさんは日本人の方もいるので言葉の心配はいらないと思います。船の説明も日本人のスタッフの方がしてくれたので楽チンでした。

食事が美味しい!

そして食事!SPIRIT OF FREEDOM号のお食事は毎日とっても豪華!ちょっとしたレストランで出てきそうなメニュー・盛り付けで、食事だけでもかなりリッチな気分になれます!

クルーズ船の食事はバイキング形式のことが多い中、ここはテーブルに運ばれてくるディナー形式です。なので毎日出来立てアツアツです(*´▽`*)

見た目も華やかなメニューが多いですが、味もかなりGoodです!今までのクルーズ船の食事の中でもかなり上位に入る内容でした。毎日美味しくで完食でした〜!

基本的にはアメニティは自分で持っていくがタオル交換がポイント高し!

これはもうクルーズ船なので仕方ないです。シャンプー、リンス、ボディソープ等、備え付けは基本的にないので、必要なアメニティは各自持っていく必要があります。

ただ、かなり嬉しかったというかびっくりしたのですがタオルを毎回新しいものに取り替えてくれるんです!クルーズダイビング中はタオルは一人1〜2枚で、基本取り替えはしてくれなかったり、クルーズ中1回だけ取り替えがあったり、ということが多いのですが、SPIRIT OF FREEDOM号では毎日どころか毎回新しいタオルに交換してくれます!驚きです〜!

やっぱり綺麗なタオルを毎回使えるって嬉しいですもんね。ちょっと贅沢すぎる気もしますが。

クルーズ中貴重品は基本自己管理

あとは、クルーズ中の貴重品をスタッフが預かってくれたりするクルーズもありますが、SPIRIT OF FREEDOMは原則自己管理でした。まぁそれで何か盗難にあったりという話は聞きませんでしたのでほとんど大丈夫かなぁとは思いますが、あんまり大金を持っていくのは控えるようにした方が良いかもですね。

クルーズ中は食事も全部ついてますし、現地で必要なお金は環境保護税A$20と飲み物(アルコール)代くらいです。あとはガイドをつける場合は追加料金が必要ですが、ツアーで申し込む場合は予め申し込みしていけばツアー代金と一緒に支払いで現地での支払いの必要はなくなると思います。

ちなみに、クルーズ船上でもクレジットカードが使えます。ただし、VISA、Masterは手数料無料ですが、JCB、AMEX、Dinersは3%の手数料が上乗せになります。

なので万が一盗難等あればすぐに犯人がわかってしまう船上ですが、現金はさすがに誰がいくら持っているか特定なんてできませんから、クレジットカード+現金は出来る限り少額にして持って行くのがおすすめかな〜と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です